本日 63 人 - 昨日 736 人 - 累計 670486 人

可哀想なウミガメたち

6月に入りようやく海域が落ち着き、連続出航(^^)/ そして、4日は真鶴へ。

好天に恵まれ、富士山を望みながら気分よく航行。黒潮の蛇行か、船内計では海水温が所々ですでに24℃近くを記録、鳥山(ナブラ)も多く、やや沖合ではすでにカツオやマグロが現れたようです。

そんな中!、航行中にウミガメらしきものが水面に浮いているのをクルーが発見、近寄るとやはりウミガメでしたが、すでに息絶えていました(-_-;) そして、しばらく航行すると再びウミガメが....

どうやら最近相模湾でも餌不足か、サメがウミガメを捕食し、かなりの被害が出ているとか。ウミガメはよく見ると頭や鼻先を喰いちぎられていました。可哀想すぎますね。少し前もBIG TAKⅡで試し釣りをした際に、小型ですが物凄く獰猛な人喰いザメの稚魚が釣れて、靴やデッキが噛みつかれたことがありました。やはりその話は本当なのかもしれません絵文字

温暖化のせいか、最近は湘南海岸でも猛毒のカツオノエボシやひょうもんだこも多く見受けます。また、数年前からサメが回遊し、茅ケ崎や鎌倉の海岸も遊泳禁止が続いたことは記憶に新しく、我々が知らぬ間に、海の生態系も刻々と姿を変えてきているのかもしれません(怖)

20180604_08435220180604_085734

Captain/Team BIG TAK

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):
RSS