本日 631 人 - 昨日 714 人 - 累計 1734174 人
RSS

24日は強めの南西風が吹く中、真鶴へ向けて航行中、あちらこちらで背びれを出したサメに遭遇!

海面が風波でざわついていても、けっこうサメのヒレは目立つのですぐに分かります。

16484721624514


今回のサメたちはすべて単独で餌を探して遊泳しているようでしたが、遭遇した中で大きいものは恐らく4~5mのサイズはあったかもしれません。久しぶりのサイズです。残念ながらその大型のサメはBIG TAKⅡがやや速めの速度で航行していたので、びっくりして間際にもぐってしまいましたが、その後遭遇した小さいもの(2m~)は辛うじて撮影できました↓。


ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)であれば眼が左右に出っ張っているのですぐに分かりますが、写真が撮れたサメは何となくあの狂暴なイタチザメ?!っぽいです。ちょっと自信はありませんが(^^;)

1648473068584116484730433959


小さいとは言っても胴体も太くなかなかの迫力です。


ところで、こんなに都心に近い相模湾ですが、駿河湾同様実は深海地帯も多く、様々なサメの生息が確認されています。


ちょっと思いつくもので、


ウバザメ ひょうきんな姿です ウバザメ 

ミツクリザメ(別名ゴブリンシャークでその様相から悪魔のサメと言われています)

メガマウス(水深200m~)

ジンベイザメ(BIG TAKⅡより大きいですがおとなしいサメです!)

ツノザメ(キンメダイ釣りで一緒に釣れて、誤って角に刺されたことが数回あり激痛、注意!)

カラスザメ(深い水深で海水が濁っていると釣れます。小さいですが、黒ずんでグロテスクで針に毒あり。こちらも深場釣りで釣り人の邪魔をするサメです →これが釣れるときは潮が悪い)

シュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)相模湾でも6月~産卵期はそこら辺にうようよいます!

観ている分にはなかなかかっこいいのですが

ネコザメ ネコ顔で縞模様が特徴



そして、以下のサメたちは人間が恐れる最も危険な狂暴御三家!


シロワニ

ホオジロザメ(ジョーズ映画の人食いザメ)

イタチザメ


これら狂暴なサメはあまり沿岸部には接近しないと言われてはいますが、近年は餌不足なのか、鎌倉や茅ヶ崎の海岸でもかなり大きめのサメが入り込んで遊泳禁止になったニュースもまだ記憶に新しいかもしれませんが、油断はできません。ネットで囲われた海水浴場ならまだしも、海岸部でサーフィンをしている人は足を噛まれた話もあるので注意が必要です。


サメは血液の臭いに敏感で2km以上先から嗅ぎつける能力があるらしいので、仮に海遊びやの時に不運に遭遇してしまっても、絶対に海面で騒ぐなど、サメを興奮させる行為だけは避けるのが賢明です。(サメの鼻を叩くとひるむ話はありますが、これも一か八かのお話ですね!)


余談ですが、サメには多少なりとも慣れている自分ですが、約20キロほどの小型のツノザメを試しに羽交い絞めしてみましたが、100キロオーバーで力自慢の私の身体が面白いほど振られまくりました。人間より強かったです! サメは、君子危うきに近寄らず、でお願いします"(-""-)"

20180303_102311


最近結構航行中に様々な海洋生物に遭遇しますが、どうもタイミングが合わず、毎回思ったように写真が撮れなくて残念ですが、これからも珍しいショットが撮影出来たらアップしたいと思います!



Captain/Team BIG TAK





真鶴貴船まつり 

2022年07月26日

一昨日真鶴港へ入港すると、昨年までコロナウイルスの影響で2年間中止されていた真鶴貴船まつりが、明日7月27日から28日までやっと開催されるとのことで、本当におめでとうございます!


漁港では、鮮やかな貴船が準備されていて、長閑な町になかなか良い雰囲気が出てました!


記念にBIG TAKⅡと写真撮影


C01D0140-01A6-4DD3-AA55-D725935DCE29


この貴船まつりを調べてみると、何と国指定重要無形民俗文化財で日本三大船祭りだったんですね~ すごい!!!


久しぶりの開催に地元や毎年楽しみにしている多くの人達にも待ちきれないお祭りですが、祭りが近くなって再びこのコロナウイルス感染拡大、一体どうなっちゃってるんでしょうかね。本当に困ったものです。


今年のお祭りも結局のところ感染予防対策のため、通常の規模よりはかなり縮小され、一部の豪快な催し物が中止されるとのこと。誠に残念...


今までは平日でも週末でも毎年7月27日と28日に開催が決まっていましたが、来年からは7月の最終土日に開催されるようですので、まだ気が早いですが、来年こそは世の中も正常になって、我々にとっても第二の母港、真鶴が更に元気に盛り上がってくれることを心から願うばかりです。.


と言うわけで、この素晴らしいお祭り、お休みでしたら是非是非ご家族でお出かけください!



Captain/Team BIG TAK




本日は明日からの出航準備のため、船体点検、オイル補充、船体クリーニング等を実施しました。

先週から梅雨の再来のような天候で、船体はすでに汚れ放題、暑いので水をかぶりながら頑張りましたが、なかなか思うようには行かず、次回に持ち越しで回航時間となりました。


56ABE125-D0B2-4CAA-AFB3-36FD9EF93F7C0D4BFA4F-D285-464A-B632-1C6F370D19D9image8 (19)image3 (35)


明日は平塚からチャーター出航後、明後日は真鶴での出航のため、南西風が吹く前にBIG TAKⅡを波やあびきの影響を受けない真鶴港に入港させる予定です。



明日からまた真鶴漁協の皆様にはお世話になります!



まだまだ暑さはこれからが本番、皆様、明日もコロナと熱中症対策を忘れずに、楽しい日曜日をお過ごしください!



Captain/Team BIG TAK









皆様、暑い日が続きますが、如何お過ごしですか?


さて、国内も再び厄介なコロナの第7波が襲来中ですね。


変異型BA5は、ワクチン接種者もブレイクスルーしやすく、また検査で陽性者になっても発病しない人や全く症状のない人もいるので、非常に困ったものです。


一方、世の中は夏休みモードの中、これ以上経済を停滞させるわけにもいかず、人々のリスク許容度も少しずつ上がっているのかもしれません。


しかし、単純に考えても、 ワクチンの有効期限はあるとは言え、ワクチン接種者や接種回数の絶対数が増えた状況で、第6波より更に感染者が、しかもこれ程急激に増えるのは、不思議でなりません。


こうなってくると、すべては自己防衛、これからは自分の身は自分の責任で守ること、これに尽きますね!


我々の日常生活に於いて、一番大切かもしれない要素の一つは、当たり前かもしれませんが、先ずは免疫力を高めることかもしれません。


私自身もスタッフもこれから秋まで入っている出航スケジュールを問題なくこなすためにも、船体メンテナンスのみならず、我々自身のメンテナンス、即ち免疫力をできる限り高めることに今は焦点を置いています。


免疫力アップについて、あくまで我々の経験と実践で効力があると思って実行していることは、


① 夜はできる限り早めに寝る(ちょっとこれは自分はまだ未達成ですが...)

② できれば熱すぎない湯船につかる

③ 日の光を浴びて多少の汗をかく

➃ 日々の精神的ストレスを緩和する(ここが一番難しいかもしれませんが!)

➄ 炭水化物・糖分をなるべく控え、タンパク質アミノ酸を含む食品を多めにとる

⑥ 有酸素(自転車又は散歩)、筋トレ(体温が高まり、がん細胞も菌も消滅しやすくなる)

筋トレはやり過ぎると逆に免疫が低下しますが、実証済みです!

⑦ クエン酸・重曹を飲む

⑧ 水素を吸う(活性酸素除去し血液循環改善)

⑨ 海に出て潮風を浴びる(これは間違いなくデトックス効果は抜群です)


全てを日々実行することは難しいですが、基本的な感染予防(消毒など)に加えて、これらの内、実行できるものを一つだけでも増やすことで、自己防衛力を高めることができると自負しています。


日本も世界も先行き不透明ではありますが、「まさかの時代を」を生き抜くには、先ずは健康管理をきちんと行うことが何に於いても今最優先されるべきことかもしれません。


ご予約をすでに頂戴しているお客様も、体調管理を最優先に、引き続き、どうぞご自愛ください。


さて、これから明日の出航準備です!


Captain/Team BIG TAK



※ 弊社が運航する船舶(BIG TAKⅡ)にご乗船いただく場合には、ご乗船前の消毒や体温、また体調に関する状況をお伺いすることがございます。

船内、船上でお客様が触れる場所(キャビン内、お手洗い、手すり、ドアノブ、テーブルやソファ)につきましては入念に清掃、消毒を施しております。

また航行時は2階のフライブリッジを含め非常に風通しが良く、また船内も換気等設備を施しておりますので、どうぞご安心ください。


尚、現在ご家族様単位のご乗船に於いては、マスクの着用義務は簡素化しております。(スタッフはマスク着用をしております)



フェンダー誤発注

2022年07月19日

船舶が港や桟橋に入港する際は、通常フェンダーと言って、船舶と桟橋(堤防)の間にかませることで船舶の側面が傷つくことを防いで保護してくれます。もちろん、船舶同士が並んで停舶する場合も互いの船体が傷つくことを防いでくれます。


BIG TAKⅡは特にバウ(船首)部分のフレアーが横にえぐれて広がっており、このフレアーで波を切り、時化の際に船首が大きい波に沈んでも、このフレアーが大きな浮力となり船首がクジラのように浮き上がってくれます。

IMG_0194

しかし、このフレアーが広いため、通常のフェンダーではサイズが足りず、広い部分と湾曲した部分の空間差が大きく、小さいフェンダーだと着岸時などはフェンダーが桟橋との間に入り込んでしまい、フレアーの広がった部分が堤防に接触してしまうため、通常は長さ1m、直径80㎝の樽型で60フィートクラス以上の船体に使用されているものを使用しています。


しばらく使っていたフェンダーも強風などで船体と桟橋の間で潰れて凹んできているので、早めに新しいものを2つ発注してもらいましたが、フェンダーを取り付けようと船主に移動すると…え??サイズが小さい。。。

9A2F9639-1591-425C-BE55-F504013735DF

頭でサイズを覚えていたはずですが、またやっちまいました"(-""-)" これで何と痛恨の2回目のミス...安くはないので大ショック!!!


写真では分かりにくいかも知れませんが、左側に並んでいるフェンダーが必要なサイズ、そして右側の4つが2回連続サイズエラーで購入したものです。

5A3B13D3-CA5B-42AC-B8B6-E7BF9B39122B



右側の手前側2つのフェンダーは空気で調整できるものですが、ほとんどBIG TAKⅡには気休めにもならないサイズ(それでも長さはおおよそ70㎝~直径は55㎝程度あります...)ですので、もし船をお持ちのオーナーさんで大きめのフェンダーが欲しい人がいましたら是非お声がけください!


IMG_7886

写真右側のものです


Captain/Team BIG TAK


前のページ
次のページ