本日 53 人 - 昨日 543 人 - 累計 1494737 人
RSS

相模湾~東京湾横断 140マイル(225キロ)航行

この週末は真鶴と千葉県の保田へ遠征船で出航しました。

今まで遠征船は多くこなしてきましたが、最近では久しぶりの連続長距離航行となりました。


さて、5日は真鶴で業務終了後平塚へ帰港すると燃料も高騰中で燃費が悪いので、数年ぶりに真鶴港で船内舶、翌朝8時過ぎ真鶴港から直接千葉県の保田港に向けて舵を切りました。


5f09b06e294470ac764c7b231cfde4f9 (1)bd98e2146e26097645cf30e844b6bb08 (1)

(動画)夜の真鶴港 

真鶴港を出港してしばらく航行すると水深は何と1300mに!ざっと東京スカイツリーを2つ重ねた位の深さは未知の領域。BIG TAKⅡの魚探ではもはや限界、やっと底の形状がわかる程度です。


AD18F3F4-B018-483F-B8A0-1DE2B5A1D47D


その後も三崎港へ向けて順調に航行しましたが、相模湾横断中は沖合にしては波は静かでしたが、時折豪雨となり視界は良くなかったです。

それでも、釣り船だけは元気に釣行していました...さすがです。


5471725f43226a4b47a1ba18b744dcf9 (1)B0A55DC4-EF50-41F5-9367-3EE04D93064F


(動画)相模湾横断中



巡航速度で約2時間少々でようやく三崎港に到着、港内を徐行し東京湾へ入り、外国船航路を無事横断、真鶴を出港し約3時間でようやく保田に到着です。ふ~~

26e211b7270775df1894a03c19de6710 (1)14183315999836

(動画)東京湾航路付近を航行

保田港は通常の週末なら様々な船で混雑しますが、この日は悪天候で閑散、BIG TAKⅡともう一艘のみでした(汗)。


14183317365868


雨が降る中、お客様を定刻に乗せて久里浜~浜金谷間を走るフェリー基地を越えて竹岡、上総湊方面へ航行、約2時間後再び保田港へ無事帰港。


C0559577-8AE1-4E22-AC8F-9DB984F772D5c22519041028833c0d946310bd8804d8


晴れていたら....それだけが残念でした。


その後、お客様の車に乗せてもらい「保田小学校」跡地の道の駅に立ち寄ることが出来ました。ここも最近の道の駅ランキングでは最上位に来る人気の場所だそうです。保田漁港から歩くと40分位かかりますが、是非、お立ち寄りください!


2BD98337-E517-4398-8C82-586F3F78AB9F8D8CDB44-F5F9-4BFC-8577-BC8BA1C5215B


保田や館山、安房勝山など、内房は湘南とは全く異なった雰囲気ですが、

本当に自然豊かな場所で、風景も素晴らしく癒されますね~。


まだまだ滞在したかったですが、帰航の途につきました。

意地悪なことに、帰航の時になって雨が止み、空も明るくなってきました。もう少し早く回復してくれればよかったですが、自然なので仕方ないですね。


保田港から湘南に向けて出港、船首斜め前方に浮島を望みながら、迂回して定置網を避け、三崎港へ。


50D32B40-79B9-4471-B809-24226EA94592cdcbabe179507269d65854f9723b4b6b


いわしの大群もすごかったです!


画像


再び外国船航路を通過。東京湾口は通常であればタンカーなど外国船がかなり行き交うのですが、日曜日のせいなのか、或いはコロナによる影響なのか、何だか昔に比べて大型船の数はかなり減った気がしました。

船の往来で景気がわかりますね....

それでも、たまたま通過した大型船はやっぱり迫力満点!


6D22DE96-28B9-4FDA-B71D-58CEDFF16F5F


★やむを得ず航路横断の際は、航路を航行している船舶が優先され、航路にできる限り直角に、かつ速やかに横断しなければなりません。


三崎港の城ケ島大橋を渡る頃には、夕日で海面も輝き綺麗でした。


141783813422581D947126-1549-48AA-B5DF-CD4A85733086


相模湾に入ると今までが嘘のように海はべた凪になり、その後イルカも何度か顔を出してくれました。

そして、18時半近くになり富士山を望みながら翌日の出航の為に平塚新港に入港しました。


14178706530621 (2)14178706085357 (1)14178725007250 (1)31D102C0-5DA3-416E-87F1-A09172291F2A


この週末の航行距離は延べ11時間、航行距離は約130マイル(225km)に達し、出航前に約1トン(1000リットル)の軽油を足して満タンで出航しましたが、帰港時にはご覧の通り(';')


534C07D3-4407-40E6-B03D-EA51E61A1185


発電機トラブルはありましたが、何よりも今回は連日長時間安全に我々を運んでくれたBIG TAKⅡに感謝です。



今週も再び真鶴へ出航しますが、好天・凪日和になることを祈ります。



Captain/Team BIG TAK


コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):