本日 205 人 - 昨日 708 人 - 累計 1868840 人
RSS

堤防係留リングロープ取り付け作業

片瀬江の島の堤防は係留リングのため、通常のビットやクロスビット異なり船を横付けして瞬時にロープ(舫)を固定することが難しく、風が強い日はクルーも非常に苦労しています。


係留リング

18935C1C-5F0C-43EC-A279-AEA490C14106


ビット(大型船は太いロープをかけるだけ)


B14C947D-D7EB-4A11-8CB4-02B201843CD5

9F0C60EB-7C9F-41F1-A839-AF03091CE189


クロスビット(浮き桟橋によく使われています)


98F0FA5F-3FB9-47F3-B07B-9B750B074C95

8E301216-0F59-47E2-B70B-1DB734429AAD


防波堤側の係留リングに特殊ロープを縛り、船側のロープにはフックをつけて、今は瞬時にロープをフックして固定できるように工夫しています。


前回入港時はやや風が強く、波で船の係留が不安定だったので、力がかかりリング側の特殊ロープが突然切断、危うく船首船が堤防から離れるところだったので、焦りました。



と言うわけで、早速ロープ担当の父親の出番で、今度は更に強度の強い新しいロープを取り付けました。これで一安心です。

2DF9DE0C-89EB-4DA0-9F76-E571D3653108B227E4EE-0077-4EED-9B8D-632D63FCC5C0

92BD848B-BC9D-46DF-9999-5A41BA0AE7F9 (1)


船の係留は予想以上に、その地形(海底)や海流など潮の流れ、風向きやに影響を受けるので各港の「癖」を理解しておくことが重要です。


Captain/Team BIG TAK



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):