本日 201 人 - 昨日 600 人 - 累計 1602433 人
RSS

富士山とBIG TAKⅡ 

2021年11月20日

BIG TAKⅡ(動画)画質少し改善しました!

富士山とBIG TAKⅡ


フェンダーは船を停舶する際に桟橋や港の間に挟むことによって、船体が傷つくのを防止してくれます。特に強風時やあびき(潮位の上下動)には欠かせません。

BIG TAKⅡは形状的に船首のフレアーが広くグラマーなのでかなり大きいフェンダーを使用して船体が傷つくのを何とか防いでいましたが、もともと6個設置していた大型フェンダーも流石に遠征船等で痛めつけられ続け、前回の2個に続き、今回も再び2つが破損し、残りはあっという間に2個になってしまいました(泣)。このサイズはけっこう高額で痛い出費ですが(トホホ)、船を守るためには必要なので新しいものを2つだけ追加購入しました。


さて、今度のフェンダーはゴムボートの素材を使用したもので、空気で膨らませたり不要な時はエアを抜いて船内に保管できます。従来の樽型フェンダーより長さは短いですが直径は十分で何より軽量で頑丈との評判なので女性クルーも喜んでいます。使い勝手が良ければ今後もこのシリーズをしばらく使ってみようと思います!


IMG_7886IMG_7887


Captain/Team BIG TAK



いや~昨日は予報より海況は遥かに悪くなって、一時海上では瞬間風速15mの西南西の強風が吹いてしまいました。TVなどでの大まかな天気予報は海況ではあまり役に立たないことが多いので、いつもは海に特化した予報を確認したり、沿岸のライブカメラや経験などから総合的に判断しますが、昨日は午前中早いうちはほとんど風はなかったですが、昼前から急変しあっという間に海ウサギ(白波)が.....


IMG_7856IMG_7869


午後便は一時運航基準ぎりぎりでしたが、結果全便の出航を終えました。

明日以降~月末まで遠征船も含め、一日も多く晴天で凪であってほしいと願うばかりです。


さて、例の小笠原海底火山の噴火による軽石ですが、どうやら伊豆諸島の式根島~大島でも確認されたようで、湘南にも漂着する可能性がかなり高まりました。まだ、船舶の航行に関する問題などのニュースは出ていませんが、今後も昨日のような強風が吹くとあっという間に軽石が流されてくる可能性が高くなるため、月末にかけて要警戒です。



Captain/Team BIG TAK




驚異の軽石

2021年11月01日

11月に入りました。今年も年初からコロナ問題で明け暮れましたが、緊急事態宣言解除でやっと一時的に落ち着いた矢先、我々海関係の事業者にはかなり心配な案件が.....


連日報道でもある様に、遥か南の小笠原諸島で8月に大規模噴火した海底火山からの大量の軽石が既に沖縄の海に流れ着き大きな被害を出しています。この軽石がどうやら潮流に乗って北へ移動中とのこと、下手をすると今月中旬ぐらいには関東にもやってくる可能性が指摘されており、まさかの状況です。


船舶もジェットであってもエンジンを冷やす冷却水口から軽石を吸い込んで詰まってしまった場合、エンジンは当然ながら冷却できず、オーバーヒートして航行不能になり得ますので、今後は軽石らしき漂流物がないか、しばらくはかなり神経質な航行が求められそうです。運航に影響が出ないといいのですが...


Captain/Team BIG TAK




先週中国とロシアの艦艇が津軽海峡を通過し、その後伊豆諸島沖合を航行したとのこと。それにしても国内でのニュースがあまりに小さく、選挙選でもほとんど触れられていません。

もし日本の艦艇が外国の領域を侵犯したら恐らく拿捕又は最悪攻撃を受けてもおかしくない重大な内容です。日本は平和ボケから機能不全に陥っているのか、なぜ国も黙っているのかただただ謎です。


以前BIG TAKⅡが伊豆諸島を航行中、国籍不明の​見たこともない形状の不気味な​不審船に遭遇したことがありました。あの時の恐怖感は未だによく覚えています。

こうしている間にも日本のどこかの​海域で侵入​を試みている不審船がいても何ら不思議ではありません....今は自国の毅然とした防衛とそのオペレーション能力を信じるしかないですね。


Captain/Team BIG TAK


前のページ
次のページ