本日 245 人 - 昨日 672 人 - 累計 1572642 人
RSS

フェンダー交換作業 

フェンダーは船を停舶する際に桟橋や港の間に挟むことによって、船体が傷つくのを防止してくれます。特に強風時やあびき(潮位の上下動)には欠かせません。

BIG TAKⅡは形状的に船首のフレアーが広くグラマーなのでかなり大きいフェンダーを使用して船体が傷つくのを何とか防いでいましたが、もともと6個設置していた大型フェンダーも流石に遠征船等で痛めつけられ続け、前回の2個に続き、今回も再び2つが破損し、残りはあっという間に2個になってしまいました(泣)。このサイズはけっこう高額で痛い出費ですが(トホホ)、船を守るためには必要なので新しいものを2つだけ追加購入しました。


さて、今度のフェンダーはゴムボートの素材を使用したもので、空気で膨らませたり不要な時はエアを抜いて船内に保管できます。従来の樽型フェンダーより長さは短いですが直径は十分で何より軽量で頑丈との評判なので女性クルーも喜んでいます。使い勝手が良ければ今後もこのシリーズをしばらく使ってみようと思います!


IMG_7886IMG_7887


Captain/Team BIG TAK



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):