本日 21 人 - 昨日 518 人 - 累計 1310828 人
RSS
今日は北東風が強めに吹き始め小田原沖あたりからやや波もでてきましたが、富士山絵文字は雲一つなく景色は最高でした。やっぱり、秋はいいですね!

予定入港時間まで少しだけ時間待ちがあったので、久しぶりに一投だけ釣り糸を出しちゃいましたが、サメだったのですぐに納竿...

真鶴の港に入ると作業船がいて何かと思ったら、湯河原の花火大会の準備でした!
今年はコロナ禍で短縮らしいですが、それでも湯河原~真鶴の皆さんは花火観れて幸せです!

花火と言えば、湘南(茅ヶ崎、江の島、鎌倉)や熱海の花火ではお客様を乗せて出航していたことを懐かしく想い出します。

地上は未だ未来が見えない混乱の中ですが、来年はオリンピックと花火...できるんでしょうか?!と舵を握りながら考えていました。

IMG_2352IMG_2419画像画像

Captain/Team BIG TAK

船舶を所有していたとしても、いざビジネスとしてお客様を乗せて船を運行する場合は、それなりの資格が必要になりますので、例えば1級小型船舶操縦士の資格を持っているだけではすぐにビジネスとしてお客様を乗せることはできません。事業開始に必要な手続きや審査もあります。

例えば、釣り船を行う場合は都道府県の知事の承認を受ける遊漁船登録、
また、それ以外のクルージングや海遊び、花火観覧などで出航する場合は国土交通省関東運輸局の内航不定期航路の届け出や登録(旅客が13名以上)が必要になり、傷害保険の整備なども当然必要になります。 

つまり、遊漁は都道府県で、不定期航路は国と管轄が違うので、それぞれの手続きや報告義務、管理方法も異なります。また、それぞれ業務規定や安全管理規定、運航管理者や業務主任者の任命、出航基準、社内・緊急連絡網体制、運航報告、整備記録、お客様の乗船名簿など遊漁に必要なものと不定期航路に必要な報告もそれぞれ異なり、また変更事項あればその都度指定フォームでの報告も必要です。これがまた、結構大変なんです。一番の近道はそれなりに費用と時間もかかりますが、海事代理士に相談するのがいいかもしれませんね。よって、先ずは船や海が心底好きでないとなかなかできるもんじゃないかもしれません(;'∀')。

また、最近は小型船舶1級と言っても、小型ボートで比較的簡単に免許も取得できるようになりましたが、何よりもお客様の命を預かる訳ですから操縦者の経験や操船技術が何といっても一番の重要なポイントになります。

BIG TAKⅡ

遊漁船:神奈川第知事 第3082号
不定期航路:関東運輸局 海旅 1536号


画像


Captain/Team BIG TAK

平塚新港前に船団

2020年10月26日
昨日は少々うねりは残ったものの、やっと好天に恵まれ富士山絵文字や大島を望める最高の天気でした。これからしばらくいい天気が続きそうですね絵文字

海水温も21℃台に下がった海域もあり、秋の釣り物も盛んで昨日は漁港のすぐ目と鼻の先に大きな釣り船やプレジャーボートが入り混じって船団が出来ていました。恐らくイナダ(ぶりの稚魚)かもしれません。イナダ絵文字と言っても今頃からはかなりサイズがアップして味も脂がのって美味しくなります。

今年は釣りも全くしていないので、これから年末にかけて水温低下すれば深場のキンメダイや黒むつ、あこう鯛が面白そうです。BIG TAKⅡは神奈川県の遊漁登録船ですので
是非クルーザーでの大名釣りにお越しください!


画像6A2B3BBE-451A-495B-9BA6-95CF9326C6F2


Captain/Team BIG TAK

出航するも....

2020年10月23日
今日は当初の天気予報が少し改善し、終日曇りの予報になったので少し安心してしまいましたが、河口は熱帯低気圧からのうねりが少々、そして、お客様を乗せて出港した途端に大粒の絵文字になってしまいました。すみません絵文字

自然相手とは言え、”〇心と秋の空”、やっぱり秋の天気は気まぐれ過ぎです。


image0 (27)


Captain/Team BIG TAK

日頃は弊社BIG TAKⅡをご利用いただき厚く御礼申し上げます。

今年はコロナ禍もあって、日本もようやく少しずつオンライン化や電子決済が進んでいきそうな気配ですね。

さて、弊社BIG TAKⅡご乗船についても、一般のお客様に限り、ようやくですがPay Payがお使いいただけるようになりました。何だか電子化が遅れていてすみません<(_ _)> 

ただし、お客様の設定金額等もございますので、ご希望がございましたら事前にお問い合わせください。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

image001 (1)


Captain/Team BIG TAK

次のページ