本日 54 人 - 昨日 708 人 - 累計 1766470 人
RSS

カツオノエボシシ全滅 

7月4日に捕獲した4匹の猛毒のカツオノエボシ(クラゲ)ですが、すぐに3匹が死んで水に溶けてしまっていましたが、その後結局海水に1匹残したまま放置、気が付くと今日はもう7月28日....毒クラゲとはいえ、ちょっと可哀想だったかもしれません"(-""-)"


そして、恐る恐る蓋を開けて覗くと、すでに姿が無くなっていました。


7月4日 → C3D9A362-A63B-436C-AD55-D09198484EA3FA92AE3F-FB1C-47BA-A56F-460E91DEB970


7月6日→ image_167814913


そして、今日7月27日 → CB45E0E5-7551-4B64-BBA5-7927CEBCCD83



青色の触手もどこへやら、茶色っぽい沈殿物がありますが、姿は跡形もなく、不思議に当初の悪臭も消えていました。


海の生態系って一体どうなってるのでしょうかね。何が原因で、どうやってこの猛毒のカツオノエボシが発生し、そして消えていくのか。海の生き物は神秘そのものです。



最近は、カツオノエボシだけでなく、同じく猛毒のひょうもんダコも発生しているので、海遊びの際は、皆様引き続きご注意ください!

image0 (43) ひょうもんダコ



Captain/Team BIG TAK



コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):